オプション検査

おひとりおひとりのライフスタイルや年齢に合わせてお選びいただける各種オプションです。単体でも受けられる個別検査と、単体オプションを組み合わせたセット検査をご用意しております。この機会にくわしい健康チェックはいかがですか?

共通の検査

    • 胃がん

    • 検査項目

      血液検査で胃の健康度をチェックし、胃がんのリスクを判定します。

      • ペプシノゲン【血液検査】
      • ヘリコバクターピロリIgG抗体【血液検査】

      セット検査

      胃がんセット検査項目

      • ABC分類
    • 肺がん・慢性肺疾患

    • 我が国での肺がんによる年間死亡者数は年々増加傾向にあり、現在男性のがん死亡率の第1位となり、女性では胃がん、大腸がんに次いで第3位となっています。
      肺がんは、小細胞がんと非小細胞がんの2つの型に大きく分類されます。非小細胞肺がんは、さらに腺がん、扁平上皮がん、大細胞がん、腺扁平上皮がんなどの組織型に分類されます。腺がんは、我が国では最も頻度が高く、胸部レントゲン検査で発見されやすい「肺野型」と呼ばれる肺がんです。次に多い肺がんは扁平上皮がんで、気管支が肺に入った近くに発生する「肺門型」と呼ばれる肺がんです。
      肺がんの原因はいまだ明らかとはなっていませんが、喫煙が大きな要因と考えられています。
      特に扁平上皮がん、小細胞がんは喫煙との関係が深いと考えられています。
      したがって、タバコを多く、長い間吸っている人は肺がんのリスクが高いといえます。

      検査項目

      • 胸部CT
      • 喀痰細胞診(要予約)

      胸部CT

      • 巡回健診では受診できません

      肺がんは、年々増加傾向にあり、胃がんを抜いてがん死亡率のトップです。 当協会では、胸部レントゲン写真だけでは見落としやすい数mm大の早期の肺がん発見のために、マルチスライスCTを用いた肺がん健診をはじめました。

      胸部X線検査との違い

      X線写真では小さな肺がんや、心臓・肋骨などに隠れた部分は写真に描出されず、がんとして発見される時にはすでに大きくなっているケースがありました。 CT検査は連続した断面画像を撮影するため、他の臓器との重なりがなく、解像力にも優れ、数mmの小さい病変も検出することができます。 肺がん以外にも、肺炎・慢性呼吸器疾患などの診断も可能です。

      肺がん健診を受けていただきたい方(ハイリスクグループ)

      • 喫煙指数が500以上の方(1日のタバコの本数×喫煙年数)
      • 血痰や頑固な咳、胸の痛みなどの症状がある方
      • ご家族に肺がんの人がいる方
      • 40歳以上の方(男女問わず)
    • 肝臓・胆のう・膵臓

    • 腫瘍マーカー【血液検査項目】

      血液検査で各臓器のがんのリスクとウイルス性肝炎の判定をします。

      • CA19-9(膵臓・胆のう)
      • AFP(肝臓)
      • B型肝炎ウィルス(HBs抗原)
      • C型肝炎ウィルス(HCV抗体)
    • 大腸がん

    • 腫瘍マーカー【血液検査項目】

      血液検査で大腸の健康度をチェックし、大腸がんのリスクを判定します。

      • CEA
    • メタボリックシンドローム

    • メタボリックとは「代謝」という意味です。
      食生活や運動不足などにより腸の周りなど、お腹の中に脂肪が蓄積する状態で、内臓脂肪症候群とも呼ばれます。
      お腹がぽっこリとなる内臓脂肪型肥満に加え、高脂血症、高血圧、高血糖などの危険因子を併せ持つ状態をいいます。
      お腹周りが気になる方、生活習慣病が気になる方、一度ご自分の内臓脂肪をチェックしてみませんか?

      内臓脂肪CT

      • 巡回健診では受診できません

      内臓脂肪とは?

      脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪とがあります。お腹の皮膚の下にあってつかむことができるのが皮下脂肪で、内臓脂肪は腸の周りなど、お腹の中に貯まります。内臓脂肪型肥満では動脈硬化が進行し、心筋こうそくや脳卒中などを引き起こしやすいことがわかってきました。

      CT画像による内臓脂肪の計測

      おへその位置のCT画像から次の値を測定します。

      • 内臓脂肪面積<Cm2>、皮下脂肪面積<Cm2>、全脂肪面積<Cm2>
      • 内臓脂肪/全体脂肪比率、皮下脂肪/全体脂肪比率、内臓脂肪/皮下脂肪比率

      CTでは、皮下脂肪(青)と、内臓脂肪(赤)の両者を色分けして表示することができます。 検査は5分ほどで終了します。

    • 心臓と動脈の健康度チェック

    • 検査項目

      心臓から出ているホルモンで、心臓の健康度をチェックします。

      • NT-proBNP 【血液検査】
    • 腹部超音波検査

    • 検査項目

      五臓器(肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、脾臓)の状態をチェックします

      • 腹部超音波検査(要予約)(※)
      • 巡回健診の場合、直接お問い合わせください。
    • 腫瘍マーカー

    • 検査項目

      • 腫瘍マーカー

      体内にがんができると特殊な物質が血液中などに異常増加することがあり、これを腫瘍マーカーと呼びます。これを測定することががんを発見する手助けとなります。ただし、良性の疾患でも腫瘍マーカーが高値になることもあり、またどの臓器の病気かを特定できないこともあります。早期のがんの場合、腫瘍マーカーの反応が弱く、異常値にならないこともありますし、また腫瘍マーカーをあまり増加させないがんもあります。従って腫瘍マーカーが正常範囲であってもがんが存在しないということにはなりません。また異常値であっても血液検査だけでがんの診断はできませんので、他の検査(レントゲン、超音波検査、CTスキャン、尿、便、内視鏡検査など)と併せて、総合的にみることが必要になります。

      CEA 大腸、胃、肺などの腺がんで高値を示します。
      しかし、バリウム検査や内視鏡検査に比べ、感度が良いわけではありません。
      またご高齢の方や多量喫煙者でも上昇します。
      AFP 肝細胞がんで高値を示します。慢性肝炎や妊娠でも上昇します。
      CA19-9 膵臓がん、胆道系のがんで高値を示します。膵炎、胆管炎でも上昇します。
      PSA 前立腺疾患と関係が深く、前立腺がんの発見に有効です。
      多くの腫瘍マーカーのなかでも特に優れた検査です。
      前立腺肥大、前立腺炎などの良性疾患でも上昇します。
      CA125 卵巣がんで高値を示します。子宮内膜症、子宮筋腫、妊娠、子宮体がんでも上昇します。
    • アレルギー検査

    • スギ花粉症や気管支喘息などのアレルギー性疾患は、環境要因(スギ、家ダニなどの抗原)が複雑に絡みあって起こると考えられています。血液検査ではアレルギー体質かどうか、またアレルギー陽性の場合、原因抗原もある程度調べられます。

      セット検査

      • Viewアレルギー39

      39種類のアレルギー原因を同時に調べることができます。

女性の方におすすめの検査

    • 乳がん

    • 検査項目

      X線、エコー、腫瘍マーカー検査で、乳がんの存在を調べます。

      • マンモグラフィ(※)
      • 乳房超音波検査(※)
      • 巡回健診では受診できません

      マンモグラフィに関するよくあるご質問

        • Q 01

          マンモグラフィ(乳房撮影)って何?

        • A 01

          乳がんを診断する検査のひとつで、乳房X線撮影のことです。
          検査は女性の放射線技師が対応いたします。

        • Q 02

          どうやって検査(撮影)するのですか?

        • A 02

          撮影は乳房の片方づつ行います。乳房をのせる台とプラスチックの板で乳房をはさんで行います。
          このはさむことを圧迫といいます。上から下へはさむ方法と、横にはさむ方法で撮影をします。

        • Q 03

          痛いと聞いたのですが…。

        • A 03

          乳腺を胸壁からなるべく離すために強く引っ張りながら、押さえますので痛みを感じられる方もいらっしゃいます。
          痛み方も個人差がありますので、リラックスをすることで少し改善できます。

        • Q 04

          なぜ、圧迫をするのですか?

        • A 04

          この検査は、1mmより小さい病気を見つけることができます。
          また、しっかりと“圧迫”をすることでよりよい写真を撮ることができ、エックス線の被ばく量が少なくなります。
          よりよいマンモグラフィを撮るためには、“圧迫”は必要なことですのでご協力をお願いします。

        • Q 05

          胸部(エックス線)の検査をしたばかりですが大丈夫ですか?

        • A 05

          私たちは普段の生活しているなかで大気中などから自然放射線を意識せずに浴びています。年間一人あたりの線量は平均で2.4ミリシーベルトと報告されています。マンモグラフィで受ける乳房の被ばくは、日本人の平均的な乳房で一回の撮影で0.065ミリシーベルトです。胸部エックス線撮影では0.02ミリシーベルトです。エックス線検査ですので少しは被ばくを伴いますが、乳房だけという部分的なものなので特に問題はありません。またこの検査によって何か影響がでるという値ではありませんので心配はありません。安心して検査をお受けください。 (参考引用:聖マリアンナ医科大学病院画像診断センター資料)※検査は女性の診療放射線技師が対応いたします。

      乳房超音波検査に関するよくあるご質問

        • Q 01

          乳腺超音波検査では何がわかるのですか?

        • A 01

          乳腺超音波検査では良性の乳腺症やしこりのようなものから、乳がんまで、早期に発見することが出来ます。

        • Q 02

          どのように行うのですか?

        • A 02

          • 1.初めに上半身お脱ぎ頂きます。
          • 2.ベッドに横になっていただき、専用のゼリーを塗ります。ゼリーは超音波の透りを 良くするために使います。
          • 3.超音波を出す探触子(プローブ)を、乳房に当て動かしながら断面を画像に映し出し撮影して検査します。
        • Q 03

          乳腺超音波検査の特徴はなんですか?

        • A 03

          • 1.痛みはまったくありません。
          • 2.手に触れない数ミリのしこりを見つけ出すことが出来ます。
          • 3.超音波を使用しているためX線のような被ばくはありません。
          • 4.乳腺組織の発達している40歳未満の方には特に適した検査です。
            検査は女性の放射線技師が対応いたします。

    • 子宮頸がん

    • HPVは子宮頸がんになる前の前がん状態を検出できます。30歳以上の方は子宮頸部細胞診検査と同時にお受けいただくことをおすすめします。

      検査項目

      • 子宮頸部細胞診(医師採取)(※1)
      • 子宮頸部細胞診(自己採取)
      • HPV(医師採取)(※1)(※2)
      • 巡回健診では受診できません
      • 子宮頸部細胞診(医師採取)検査受診者のみ
    • 卵巣がん

    • 卵巣がん、卵管がん、子宮頸がん、子宮内膜症などで高値を示します。

      腫瘍マーカー検査項目【血液検査】

      • CA125(※)
      • 生理中は受診できません

男性の方におすすめの検査

    • 前立腺がん

    • 前立腺は男性にだけある臓器で、精液の一部をつくる臓器です。直腸に隣接し、栗の実のような形をしています。前立腺がんは、欧米では頻度の高いがんですが、わが国では比較的頻度の少ないがんです。しかし、食事の欧米化および高齢化にともない年々増加傾向にあります。また前立腺肥大症も年齢の上昇にともない、頻度が多くなります。 これら前立腺の疾患の診断には直腸診が有用ですが、これと並んで特に前立腺がんの診断に有用なのがPSAという腫瘍マーカーです。

お申込み方法

受診ご希望の方はお問い合わせください

電話でのご予約

023-681-7760電話予約

受付時間 :平日/土曜 8:00-16:30
日曜・祝日はご予約いただけません

Webでのお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

受診ご希望の方はお問い合わせください

検査内容とお申込み書をPDFでダウンロードいただけます。

FAX:023-681-7916

オプション検査 申込書

オプション検査 申込書

電話でのご予約

023-681-7760電話予約

受付時間 :平日/土曜 8:00-16:30
日曜・祝日はご予約いただけません

Webでのお問い合わせ

Webでのお問い合わせ