特殊健診

新宿健診プラザ
  • 新宿健診プラザ

    〒160-0021
    東京都新宿区歌舞伎町
    2-31-12

  • 健診のご予約は

    インターネットでのご予約

    ご本人様向け

    企業担当者様向け
    (複数名可)

    お電話でのご予約

    受付時間

    平日 8:30~17:30
    土曜 8:30~17:00

    03-3209-0211

  • 巡回健診のお問い合わせは 03-5273-8204

CONTENTS
拠点のご案内
グループ機関
安心の認定書
  • 人間ドック学会 健診施設機能評価 認定医療機関
  • 日本総合健診 医学会会員 優良施設認定
  • 厚生労働機関評価認定優取得
  • ガン対策推進企業クション
  • Smart Life Project
  • 大切にします プライバシー 14200078(03)

特殊健診

特殊健診の種類

有機溶剤 健康診断

屋内作業場等(第3種有機溶剤等にあっては、タンク等の内部に限る。)において有機溶剤を製造する、又は取り扱う業務の方が対象です。

有機溶剤中毒予防規則 第29条

法令で定められた有機溶剤業務に従事する労働者に対しては雇い入れ時、当該業務への配置替え時及びその後6ヶ月以内ごとに1回、定期に、次の項目について健康診断を実施しなければなりません。

検査項目
必ず実施すべき項目
  1. 業務の経歴の調査
  2. 有機溶剤による健康障害の既往歴の調査
  3. 有機溶剤による自覚症状および他覚症状の既往歴の調査
  4. 有機溶剤による異常所見の既往の有無の調査
  5. 尿中の有機溶剤の代謝物の量の既往の検査結果の調査
  6. 自覚症状または他覚症状の有無の検査
  7. 尿中の蛋白の有無の検査
  8. 尿中の有機溶剤の代謝物の量の検査(使用溶剤による)
  9. 肝機能検査(使用溶剤による)
  10. 貧血検査(使用溶剤による)
  11. 眼底検査(使用溶剤による)
医師が必要と判断した場合に実施しなければならない項目
  1. 作業条件の調査
  2. 貧血検査
  3. 肝機能検査
  4. 腎機能検査(尿中の蛋白有無の検査を除く)
  5. 神経内科学的検査

鉛健康診断

鉛等を取り扱う業務またはその蒸気、粉じんを発散する場所における業務の方が対象です。

(鉛中毒予防規則 第53条)

法令で定められた鉛業務に従事する労働者に対しては、雇い入れ時、当該業務への配置替え時及びその後6ヶ月以内ごとに1回、定期に、次の項目について健康診断を実施しなければなりません。

検査項目
必ず実施すべき項目
  1. 業務の経歴の調査
  2. 鉛による自覚症状および他覚症状の既往歴の調査
  3. 血液中の鉛の量および尿中デルタアミノレブリン酸の量の既往の検査結果の調査
  4. 自覚症状または他覚症状の有無の検査
  5. 血液中の鉛の量の検査
  6. 尿中デルタアミノレブリン酸の量の検査
医師が必要と判断した場合に実施しなければならない項目
  1. 作業条件の調査
  2. 貧血検査
  3. 赤血球中のプロトポルフィリンの量の検査
  4. 神経内科学的検査

電離放射線 健康診断

エックス線その他の電離放射線にさらされる業務の方が対象です。

(電離放射線障害防止規則 第56条)

放射線業務に従事し管理区域に立ち入る労働者に対しては、雇い入れの際または当該業務への配置替えの際およびその後6月以内ごとに、定期に、次の項目の健康診断を実施しなければなりません。

検査項目
  1. 被ばく歴の有無の調査およびその評価
  2. 白血球数および白血球百分率の検査
  3. 赤血球数および血色素量またはヘマトクリット値の検査
  4. 白内障に関する眼の検査
  5. 皮膚の検査

じん肺 健康診断

じん肺法により定められた、25の粉じん作業をおよそ週1回以上行っている、または過去そうであった方を、対象にした健康診断です。

(じん肺法第3条、第7~第9条の2)

じん肺法施行規則別表でさだめられた25の粉じん作業に従事または従事した労働者にたいしては、(1)就業時(2)定期(3)定期外(4)離職時に、健康診断を行わなければなりません。なお詳細については、じん肺審査ハンドブック(労働安全衛生部労働衛生編、中央労働災害防止協会発行)を参照してください。

検査項目
一般問診
  • 既往歴・業務歴の調査
  • 自覚・他覚症状の有無
呼吸器系
  • 胸部エックス線(直接撮影)

特定化学物質 健康診断

特定化学物質には下記対象物ごとに重量の含有量が定められており、その含有量を超えている製剤、その他の物を含むものを製造する、又は取り扱う業務の方が対象です。

(特定化学物質等障害予防規則 第39条)

特定化学物質を取り扱う労働者に対しては、雇い入れの際、当該業務への配置替えの際及び6月以内ごと(ベリリウム及びニッケルカルボニルを取り扱う労働者に対する胸部エックス線直接撮影による検査は1年以内ごと)に1回定期に実施しなければなりません。

対象物質
  1. ジクロルベンジジン及びその塩
  2. アルフア―ナフチルアミン及びその塩
  3. 塩素化ビフェニル
  4. オルト-トリジン及びその塩
  5. ジアニシジン及びその塩
  6. ベリリウム及びその化合物
  7. ベンゾトリクロリド
  8. アクリルアミド
  9. アクリロニトリル
  10. アルキル水銀化合物
  11. エチレンイミン
  12. 塩化ビニル
  13. 塩素
  14. オーラミン
  15. オルト-フタロジニトリル
  16. カドミウムまたはその化合物
  17. クロム酸,重クロム酸及びそれらの塩
  18. クロロメチルメチルエーテル
  19. 五酸化バナジウム
  20. コールタール
  21. シアン化(カリウム,水素,ナトリウム)
  22. 3・3′―ジクロロ―4・4′―ジアミノジフエニルメタン
  23. 臭化メチル
  24. 重クロム酸及びその塩
  25. 水銀又はその無機化合物
  26. トリレンジイソシアネート
  27. ニッケルカルボニル
  28. ニトログリコール
  29. パラ-ジメチルアミノアゾベンゼン
  30. パラ-ニトロクロルベンゼン
  1. フッ化水素
  2. ベータ―プロピオラクトン
  3. ベンゼン
  4. ペンタクロルフェノール
  5. マゼンタ
  6. マンガンまたはその化合物
  7. ヨウ化メチル
  8. 硫化水素
  9. 硫酸ジメチル
  10. ニッケル化合物
  11. 砒素及びその化合物
  12. 酸化プロピレン
  13. 1,1-ジメチルヒドラジン
  14. インジウム化合物
  15. エチルベンゼン
  16. コバルト及びその無機化合物
  17. 1,2-ジクロロプロパン
  18. クロロホルム
  19. 四塩化炭素
  20. 1・4-ジオキサン
  21. 1・2-ジクロロエタン
  22. ジクロロメタン
  23. ジメチル―2・2―ジクロロビニルホスフェイト
  24. スチレン
  25. 1・1・2・2-テトラクロロエタン
  26. テトラクロロエチレン
  27. トリクロロエチレン
  28. メチルイソブチルケトン
  29. ナフタレン
  30. リフラクトリーセラミックファイバー

行政指導による 特殊健康診断

法律で定められた業務以外でも、健康に影響を及ぼすおそれのある有害業務については、行政指導により特殊健康診断を実施することが義務づけられています。

健診の種別
  1. 紫外線赤外線にさらされる業務
  2. 強烈な騒音を発する場所における業務
  3. 有機りん剤を取り扱う業務
  4. 沃素を取り扱う業務
  5. 超音波熔着機を取り扱う業務
  6. MDIを取り扱う業務
  7. 振動工具取り扱い業務
  8. 金銭登録業務
  9. キーパンチ作業
  10. 重量物取り扱い業務
  11. VDT作業
  12. その他

VDT 健康診断

事務所において行われるVDT作業(ディスプレイ、キーボード等により構成されるVDT(Visual Display Terminals)機器を使用して、データの入力・検索・照合等、文章・画像等の作成・編集・修正等、プログラミング、監視等を行う作業)に従事する人を、対象にした健康診断です。

VDT作業に従事する方には、「職場での配置前」及び「定期的な健診」の実施が求められています。 当協会では、厚生労働省の「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」に基づき、VDT健康診断を行います。

検査項目
一般問診
  • 既往歴・業務歴の調査
  • 自覚・他覚症状の有無
呼吸器系
  • 眼科学的検査(※)
  • 筋骨格系に関する他覚的検査(※)
  • ※は配置前健診と定期健診、作業区分により検査項目が異なります。